新入社員必見!名刺交換の基本

名刺はいつも用意しておく

名刺交換では、自分の名刺がなくては名刺交換は出来ません。
社内ではもちろん、取引先などでも名刺交換は行なうことは多く、いつでも名刺は用意して胸ポケットなどに入れておくべきです。
名刺を切らしていて、名刺交換できないということは、意外にもあることであり、必ず名刺の枚数はチェックすべきです。

もしも名刺交換の時に、自分の名刺がないことに気がついたら、名刺が切らしていてすみません、と謝っておきましょう。
次回会うような予定があるなら、そのときに渡しましょう。
一度きりしか会わないような人なら、仕方がありません。
くれぐれも、後日名刺を相手宛に郵送するような、軽々しいことは行なうべきではありません。

名刺交換の基本の行い方

名刺は相手に向けて両手で端を持って渡します。
指で隠れて文字が見えないということがないようにして、名前などが見えるようにして渡します。
名刺交換は必ず立って行なうのが礼儀であり、会議などで座っているときにお客様が来た場合なども、起立して相手と名刺交換をします。
机を挟まず名刺交換は行なうべきであり、相手の前まで移動して交換をします。

自己紹介も兼ねているので、必ずよろしくお願いしますと一言挨拶して渡します。
相手の名前の読みがわからないときは、その場で読み方を確認します。
渡すときは脇を締めて、胸の高さに名刺を持っていき渡し、軽く会釈します。

名刺を受け取るときも、相手の会社名や名前の上に指が乗らないようにして受け取ります。
差し出された名刺は、ありがとうございます、などと言って受け取ります。
会議などでお客様と名刺交換をしたなら、椅子に座った後は、相手の席順に名刺をテーブルの上に置きます。
名刺は左側に並べるようにして、名刺入れの上には相手の一番立場の高い人の名刺を置きます。

机の上に置いた名刺は、相手とのタイミングでいつ名刺入れにしまうか決めます。
臨機応変にそのときの状況によってタイミングは見計らうべきです。
お客様など相手が出したままにしているのに、こちらだけさっさとしまうのは印象が良くありません。
お客様がしまったなら、自分たちもさりげなくしまうという気遣いが大切です。

名刺交換の順番

社員とお客様がいれば、名刺は目下の者から差し出すのがマナーです。
名刺交換の時の目下とは、お金を頂くまたは仕事を頂く立場にある者のことです。
ただ場所によっては相手が先に名刺を出すようなこともありますので、そのときは臨機応変に対応しましょう。

社員やお客様が複数人いるとき、それぞれで名刺交換をするときは、部長など一番立場の上の者から名刺交換をします。
名刺は立場の高い人から順番に渡します。
この場合も相手が先に名刺を出すようなこともあり、その場合は素早く受け取りましょう。