どうする?仕事でミスした時の対応例

まずは上司への報告を行なう

仕事でミスをしたときは、自分で対処しようとしたり、ミスを隠そうとしたりしてはいけません。
その会社の一員として仕事をしており、ミスはあなただけの問題ではないのです。
問題をどうにか発覚させまいと悪あがきなど行なうと、後で取り返しの付かないことになる可能性もあります。

・上司に報告

取引先などに迷惑をかけたならまずは謝罪します。
そして出来るだけ早い段階で、ミスしてしまったことを上司に報告します。
ミスを行なうとあなたばかりでなく、上司も対応します。
そのために出来るだけ早めに報告して、業務の中でミスが起こったことを、会社全体で共有すべきです。

ミスしてから一刻も早く対応した方が、状況は改善しやすいので、報告は迅速に行ないましょう。
ただし、報告を行なうときは、どのようなミスをしたか、状況を整理して報告します。
ミスの内容が伝わらなければ、対応もしようがありませんので、まずは冷静になりましょう。
ミスの内容が大きければ大きいほど、報告も迅速に行なうべきです。

その後上司などから、どのように対応するか支持があるはずです。
場合によっては取引先などに出向いて、上司と一緒に謝罪に向かうかもしれません。

ミスしたときに行なってはいけないこと

・自分で対処しようとする

失敗に焦って自分で対処しようとする人も多いです。
しかし上司が状況を把握せずに、相手との意思疎通が行き違うこともあり、さらに事態を悪化させる危険がありますので、自分で判断するのはやめるべきです。
さらには開き直って、ミスをしたことを棚に上げるようなことも止めましょう。

・言い訳をする

ミスをしたときに、自分の責任をどうにか軽くしようと、言い訳をするのは一番良くないです。
相手の反感も買い、怒りを増やしてしまうばかりです。
さらには上司からも、怒りを買うようなこともあり、状況を余計に悪くするばかりです。
自分の責任で行なってしまったミスは、素直に認めましょう。
自分の責任を認めることが出来るのも、社会人として必要なことです。

ミスは仕事を行なっていけば、誰でも必ずしてしまうようなことです。
特に新人時代だと、社会の仕組みを理解できなかったり、仕事内容に慣れていなかったりと、ミスを行なうことも多い時期です。
そのために、新人として1年目のミスは、どこの会社でも多めに見てくれることが多く、そのミスを教訓に仕事を覚えていきましょう。

ただし、新人時代でもその後でも、同じミスを何度も繰り返すのは良くありません。
ミスを繰り返すようでは、あなたの信頼も失っていってしまいます。
もしもミスをしたなら、それを繰り返さないように、何故ミスをしたのか、よく考えましょう。