知っているようで知らない5W1Hについて

よく聞く5W1Hって何?

5W1Hは、ビジネスの場面を始め、各種場面で活用する事が出来る考え方の1つになります。
What、Why、Where、Who、When、Howの6つの単語の頭文字を指し、何を、なぜ、どこで、誰が、いつ、どうした、を考える事が大切な方法と言えるでしょう。
ビジネスの場面において、シンプルに結果を出すために重要な考え方になりますので、覚えておいて損はないでしょう。

この考え方は様々な場面で活用する事が出来ますが、例えば、ついつい物事の細部に夢中になってしまって、視野が狭くなりがちな人や、問題設定や根本的な問題解決が苦手な方などに、重要な考え方になります。
物事を考えるときに、この5W1Hに当てはめて考える事で、よりシンプルに、ですが具体的に物事を考えられるようになるのです。

例えば、クライアントさんが怒っているという場合。
誰がの部分は分かっていますので、何故怒っているのか、何に怒っているのか、いつから怒っているのか、どこで怒っているのか、どうすれば怒らなくなるのかなどを考えていくことで、問題が明確になりやすく、上司に報告もしやすくなります。
問題定義をする際にも、相談をする際にも重要なスキルですので、しっかりと活用できるようにしましょう。

5W1Hを仕事に活用しましょう

5W1Hは、他のフレームワークなどと異なり、小難しい考え方を一切せずに出来る点が魅力です。
非常にシンプルで、その時々に併せて自由に組み立て、自由な会社をすることが出来、使いたいところだけを使えるので、初心者でも簡単に使えます。

ビジネスの場面では特に、この5W1Hの考え方は誰もが知るところですので、上司に相談する際などにも、効率良く話す事が出来るでしょう。
一度メモにして考えをまとめるという際にもわかりやすく、問題提示、問題解決がしやすく、様々な場面で有効活用できるのがポイントです。

例えば、上司を相手にしても、クライアントを相手にしても、後輩を相手にしても、同僚を相手にしても、この5W1Hを用いることで、シンプルに問題を考える事が出来ます。
プライベートでも、恋人や両親、友人などにも活用する事が出来る便利な考え方なので、色々と考えすぎて悩んだときにこそ、こうした方法がおすすめです。

ビジネスの場面においては特に、色々なフレームワーク、色々な考え方がありますが、考える際には結局の所、長年使われ続けて居るシンプルイズベストが、緊急事態には重宝されます。
難しい事を細々と考えて居る余裕が無いときなども多く、そうした場面でこそ、シンプルで応用が利く、5W1Hが役に立つのです。
色々と自分自身を見つめ直し、様々な場面でもっと成長したいと願う方にこそ、5W1Hの考え方、5W1Hの方法は、おすすめと言えます。