苦手な人と上手に付き合っていくには

苦手な人はどうして出来るのか

人間には様々な考え方を持つ人が居て、それぞれに容姿や性格、様々部分が異なります。
真面目や不真面目、几帳面やおおざっぱなどなど、様々な人が居ますが、様々な人がいるからこそ、合う合わないの相性があるのです。

その為、自分と性格や考え方が合わないという人の場合、余程頑張らないと性格が合わず、苦手な人となってしまいます。
苦手な人というのは出来て当然で、自分が悪い訳でも、相手が悪いわけでも無いという風に考えると、少し気分が楽になるでしょう。
苦手な人が出来た時に大切なのが、その人と上手く付き合っていくためにはどうすれば良いのかという点です。

苦手な人と付き合わないで済むのであればそれに超した事はありませんが、そうもいきません。
ビジネスの場面で合うような人であれば特に、その場だけでも乗り切る必要があるのです。
苦手な人と上手く付き合っていくためにも、このような事を考えて見て下さい。

苦手な人を理解するために、目標を設定する

苦手な人の全てを理解するというのは到底無理な話で、苦手な人を腹を割って話そう物なら、大げんかして絶縁という流れに繋がる事も少なくありません。
そうなっても良いくらいの関係であれば良いですが、ビジネスの場合、それが仕事を失うことに繋がる場合もありますので、苦手な人を理解する為の、努力をすることが大切です。

苦手な人のどこまでを理解すれば、仕事として成立させることが出来るのかを考え、有る程度の目標を達成したら、無理すること無く、その関係、その考え方をキープしましょう。
到底理解できないような人でも、どこか1つくらいは取り柄が有り、その部分を掘り下げていくことで、意外な1面がみえることもあります。
それが仕事で良好な関係を築いて行くのにちょうど良いのであれば、そうするに超した事はありません。

例えば、真面目と不真面目な人の場合、不真面目な人は真面目な人を堅苦しいと感じるかもしれませんが、その分きっちりと仕事をこなしている姿を評価するべきです。
反対に不真面目な人を見ている真面目な人は、どうしてそんなに適当なのか、内心憤慨している場合も有るかと思いますが、力の抜き方を覚えている所は、参考にしてみると良いでしょう。

自分自身の確固たる考え方を頑固に持ってしまうと、どうしても苦手な人が増えてしまいます。
自分自身はそんなつもりが無くとも、相手から苦手に思われてしまう可能性が高いので、良く相手を見て、相手と最低限どのラインまでは理解し合うべきか、目標を設定することで、関係を良好にキープすることが出来るのです。
苦手な人を理解する為にも、まずは低くても良いので、目標設定を明確にしていきましょう。